フォレスター値引き交渉に必要な情報を網羅!

フォレスター値引き徹底解説

フォレスターはスバリストを中心に人気の高いSUVです。スバル車ということもあって、値引き交渉にクセがありうまくいかない人も多いです。

 

ここでは、フォレスターを値引きして、総額60万円コストカットするための知識と方法を徹底解説します。

 

フォレスター値引き最新情報

 

フォレスターの値引き相場はつねにめまぐるしく変動し続けています。最初は、今現在どのくらいになっているのか、それを把握することから始めていきましょう。

 

この記事では、フォレスターの値引きを限界いっぱいまで引き出すことで、総額で60万円ほどのコストカットをするための手法を伝授していきたいと思います。

 

フォレスター車体値引き限界額 フォレスターオプション値引き率
20~25万円 10%~15%

 

合計限界値引き額→35万円

 

ディーラー下取りは平均20万円以上マイナス!

商談前の一括査定で愛車の買取相場を調査しよう

おすすめの一括査定はコチラ

目次

 

フォレスターの値引きはしっかり準備がカギ

フォレスターを新たに買おうと思っているなら、すぐにスバルのディーラーにいってフォレスターを見てみたい!というのが人情でしょう。

 

しかし、フォレスターをできるだけ安くするためには、まずしっかりとした準備をしておく必要があります。スバルでの商談で絶対必要な情報なので、必ず読むようにしてください。

 

フォレスターを新車購入するなら、多くの場合ここまで乗ってきた「愛車」については売却することになるでしょう。その際、たいていは「ディーラー下取り」を選ぶでしょう。どこか無意識のうちに、「ディーラーがきっと正規の相場で買い取ってくれるだろう」と思って、愛車の買取相場については一切調べていないはずです。

 

しかし、実はディーラーの下取りにはさまざまなデメリットがあるのです。

 

ディーラー下取りは安すぎる

「ディーラー下取りが当たり前」と思っている人は多いでしょう。しかし、実はディーラーには買い取った下取り車を売却するルートがほとんどありません。多くの場合、地元の中古車オークションに丸投げして終わりです。ディーラーは中古車を買い取るのが仕事ではないので、ルート発掘作業はほとんどしていないのです。当然、下取り価格は安くなり、買取相場よりも平均して20万円以上安いと言われています。

 

営業マンのセールストークのネタにされる

営業マンは交渉慣れしているので、相手のことはしっかり観察してきます。もちろん、お客さんが愛車の買取相場に無頓着なこともバレバレです。その上で、↓のようなことを言ってきます。

 

 

もうフォレスターの値引きは厳しいです!

 

でも、下取り価格を10万円アップして、30万円で買い取るのはできますよ!


 

こんなことを言われたらどう思いますか? あたかも、フォレスターの値引きが成功したような気分になるはずです。そして、その場で契約してしまうわけです。

 

しかし、もし愛車の価格が100万円だったとしたら、30万円で下取りされてしまうと70万円の大損となってしまうのです。

 

ディーラーとしては、30万円で買い取っても損はしないので、フォレスターの契約がアッサリ取れて万々歳です。

 

このように、自分の愛車の買取相場を把握していないと、フォレスターの値引き商談の土俵に上がることすらできないのです。

 

愛車の買取相場は調べておこう

ここまで説明した通り、ディーラーでの下取りを選択してしまうと、買取相場より平均20万円以上安くなってしまいます。最悪の場合、せっかくフォレスターをどれだけ値引きしたとしても、「トータルではマイナスに転落…」なんてこともあるのです。さらに、愛車の買取相場を知らないことによって、営業マンのトーク術に丸め込まれてしまうため、フォレスター値引き商談もかなり不利になります。そのため、事前に愛車の買取相場を調べるのが重要です。

 

愛車の売却価格を最大限に高める方法はたった1つ。それは、複数の中古車買取店をオークション形式で競争させる「一括査定」方式となります。

 

 

中古車買取店は日々販売ルートを開拓しており、国内の販売網だけでなく、海外にも豊富な販売ルートを持っています。最近は中国やアジア、ロシアなどで日本車がステータスなので、海外ルートは高額査定も出やすくなっています。なので、中古車買取店のほうがディーラー下取りよりも車が高く売れます。

 

さらに、一括査定方式であれば複数の店舗でオークションのような形になります。よその業者に負けないよう、できるだけ高い価格をつけようとするため、下取りよりも平均20万円、場合によっては60~100万円以上高くなることがあるのです。

 

 

一括査定の手段はいろいろですが、ラクなのはインターネットを使う方法です。

 

一括査定は「かんたん車査定ガイド」が便利

一括査定のできるサイトはたくさんありますが、その中でとくに便利なのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

参加している買取業者が「JADRI(日本自動車流通研究所)」に所属している業者だけなので、信頼性が高く、一括査定による高額査定も飛び出しやすくなっています。

 

そして、なんといっても最大の特徴が「その場ですぐ暫定買取相場が見られる」機能です。

 

 

↑が情報記入画面。項目が少なく、1分程度で作業は完了します。

 

 

作業が完了すると、↑のような「暫定買取価格」が表示されます。この情報はフォレスターの値引き商談をする際に必須なので、必ずメモしておきましょう。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
→ http://a-satei.com/

 

さらに買取額アップを狙うなら

愛車の買取査定額をさらに上乗せしたいときは、その他の一括査定サイトを併せて使ってみましょう。利用するサイトが多ければ多いほど、査定を受ける業者を増やせるので、買取金額アップの可能性が広がります。

 

カーセンサー

 

雑誌でおなじみの「カーセンサー」が運営している一括査定サイトです。最大30社の一括査定に対応しており、同時一括査定数としては最大級のため、高額査定が出やすいです。入力する項目がちょっと多いですが、数分で作業は完了できます。

 

公式サイトはこちら
→ http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

 

全国150社が参加している一括査定サイト。参加業者数が多く、地元密着業者やマイナー車種に強い業者などが含まれるため、うまいことハマれば非常に高い査定額が出ることもあります。

 

公式サイトはこちら
→ http://www.zba.jp/

 

目次に戻るボタン

 

フォレスター交渉はスバルの値引き事情が重要

スバルに限ったことではありませんが、各社それぞれ有効な交渉の方法があります。フォレスターはスバル車ですので、スバル独自の交渉方法を把握しておくことが必要です。

 

スバルの基本的な値引き戦術ですが、スバル同士での競合ライバル車との競合、この二つを併用することで相乗効果を狙っていきましょう。軸にするのはあくまでスバル同士の競合ですが、ライバル車との競合も大変効果が高いですから、これを見逃すのはもったいないです。

 

それでは、スバル同士の競合と、ライバル車との競合をそれぞれ個別に詳細な説明をしていきます。

 

ライバル車との競合

フォレスター値引き交渉の基本は「ライバル車競合」です。特に、エクストレイルはフォレスターとキャラ・価格帯が似ているので、スバル側は非常に警戒しています。そのため、競合するとフォレスターの値引き枠が拡大しやすいです。

 

「エクストレイルが結構安くなりそうなので、迷ってる。こっちはどのくらい安くできるの?」といった形でプレッシャーをかけて値引きを引き出していきましょう。

 

繰り返しになりますが、フォレスターのライバルとしてふさわしい車は、やはりエクストレイルでしょう。性能や値段はほぼ同格ですが、やや小柄な分小回り性能等の取り回し面で優れているフォレスター、それに対してやや大柄な分ゆったりした走りに定評のあるエクストレイル、といった形で拮抗した存在です。フォレスターとエクストレイルの相見積もりはかなり効果が高いです。

 

他にもハリアーやCX-5も強力なライバルです。ハリアーならば内装の豪華さがいい、CX-5ならばトルクに魅力を感じる、などの武器となるポイントを本命フォレスターのセールスマンにアピールすることで、値引きを引き出していきましょう。

 

スバル同士の競合

トヨタ・ホンダなどでは王道の戦術になる、同社のディーラーを競合させることで値引きを拡大していく手法です。

 

同じスバルディーラー同士でも、経営元の違う異資本ディーラーであれば実際のところ別会社ですから、それぞれノルマは違ってきますし、お客さんの奪い合いも発生します。

 

では資本が違うかどうかと見分け方ですが、とても簡単です。基本的に都道府県が変わると社名も「東京スバル」「神奈川スバル」などのように変わり、別資本ということになります。

 

また、スバルには「業販店(サブディーラー)」と呼ばれる店舗もたくさんあります。これは本業が自動車修理で、副業のような形でスバル新車を販売している店舗です。店によってはスバルの新車販売の力を入れていて、1台売るごとに正規ディーラーから紹介料をもらう形で運営しています。したがって、正規ディーラーで反応が悪かった場合は、業販店(サブディーラー)に顔を出してみるのも手なのです。

 

住んでいる地域によっては、少し足を延ばさないと異資本ディーラーは訪問できないかもしれませんが、同じ車である以上単純な値引き合戦に持ち込みやすいですから、是非一度お試しください。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターの値引き交渉は3回で〆る!

現在使用中の愛車の買取相場を調べ、フォレスターならではの値引き方法を把握したら、やっとフォレスターの商談ができるようになります。商談の前に、まずは2つのポイントを知っておいてください。

 

商談はできるだけ3回で〆る

フォレスターに限った話ではありませんが、商談は何回もしつこく行ったところで値引きが拡大するわけではありません。また、少なすぎてもうまくいきません。理想としては、3回でバシッと〆ることです。こちらが3回で決めると考えて動けば、その意思は営業マンにも自然に伝わるのです。

 

もちろん、4回以上の交渉をするのも場合によってはアリですが、スケジュールとしては3回で終わらせるつもりでいてください。

 

フォレスターの購入予算を考えておく

フォレスターの商談をする前に、購入予算については決めておいたほうがいいでしょう。例えば30万円引きを狙うなら、予算は総額から30万円を引いたものを設定しておきます。

 

予算を決めておかないと、まず交渉カードとして「予算」を用意することができません。「○○万円をフォレスターの予算として考えているから、もう少し値引きしてほしい」といった交渉ができなくなるわけです。また、営業マンとしても「どこまでフォレスターを値引きすればいいんだろう」と思って迷いやすくなり、商談が行き詰まりやすくなります。

 

以上の2つのポイントを踏まえたうえで、フォレスター商談の初回~3回目の交渉の考え方を説明します。

 

初回交渉の流れ

フォレスターの初回商談は、自分の印象を残すのがメイン。ここで最初から激しい値引き要求をすると、営業マンは引いてしまいます。あくまでも、次回以降の商談につなげるための場と考えましょう。

 

初回はとくにやることもなく、単にフォレスターの初回見積書をもらえばOKです。「フォレスターはどの程度安くできますかねぇ」なんて言いながら、見積書を作ってもらえば問題ありません。見積書をもらったら、「エクストレイルやCX-5も検討しているんだよね。また来ます」なんて言ってさっさと帰ってしまって構いません。

 

注意点としては、初回見積書は「オプションなし」の形で作ってもらう必要があります。放っておくと営業マンが「おすすめオプション」を付けた状態で見積書を用意しますが、そうなると必然的に今後は「フォレスター車体価格」と「オプション」の並行交渉となってしまいます。慣れている人なら並行でもよいのですが、自信がない場合はややこしくなりやすいです。なので、まずはオプションなしの状態にして車体交渉のみの状態にしてオプションは後回しにしましょう。

 

この手順を、スバルディーラー、ライバル車種ディーラーで繰り返し、ひととおり見積書をもらっておきます。見積書が揃ったら、2回目交渉へと移行します。

 

ディーラーに「行ったフリ」はNG

フォレスターの値引きは複数ディーラーの競合が必須。そこで、行ってもいないのに「行ったフリ」をして競合をしようとする人がいます。しかし、本当は行ってないことを営業マンはすぐに見破ります。実際には行ってないので、話している内容がおかしくなるからです。

 

もし行ってないことがバレてしまうと、信用を失いますし、なにより恥ずかしいです。もちろん、交渉は間違いなく失敗します。

 

なので、本命だけでなく、競合させる対抗ディーラーにもきちんと行って、見積書もしっかり取るようにしてください。

 

2回目交渉の流れ

フォレスターの本命見積書、対抗見積書が揃ったら、2回目交渉を開始します。今度は、初回とは違い本気の交渉を進めていきます。

 

初回の見積書を持って再び来店してくれるお客さんは、営業マンからしてもホットなお客さんです。なので、しっかりと交渉にのぞんでくれます。

 

他ディーラーの見積書を交渉カードにする

フォレスターの値引きは、他店の見積書をベースに進めていきます。「スバルの○○店だと結構安くなりそう」「日産○○に行ったけど、エクストレイルがかなり安くなった」などといって、プレッシャーをかけていきましょう。

 

注意したいのは、ここでは見積書を見せないということです。見せてしまうと、その金額がベースになって大幅値引きが出にくくなります。見せてくれと言われても、「他店に迷惑がかかるとイヤなので」などといって断ってください。手元に用意しておけばリアリティがあるので、しっかりと効果は発揮されます。

 

見せないようにすれば、相手は想像を膨らませます。「もしかして、相当な値引きが出たのでは…」と勝手に思い込むのです。その上で「フォレスターをもっと安くしてくれれば、契約してもいいんだけど…」といった形でゆさぶりをかけていくわけです。

 

そして、もしここでそこそこのフォレスター値引きが飛び出してもニヤっと笑うのは我慢してください。「う~ん、このお店は雰囲気もいいし、本来ならここにしたいんだけど…」なんて言ってワザと少し渋い顔をしてみせるのです。いいラインまで来てるけど、ほんの少し足りないという雰囲気を作るのがポイントです。

 

もし相手があっさり白旗を上げるようなら、期待できないので別のディーラーで勝負をしましょう。なんにしても、2回目交渉では、相手がそこそこ良い条件を出してきても悩んでいるフリをして、契約しないで帰ってください。

 

そして、対抗ディーラーに本命ディーラーの結果を持ち込み、こちらでも値引き拡大を狙います。

 

3回目交渉の流れ

3回目交渉は最後の仕上げです。ここでは、2回目から時間を空けないで、なるべくすぐにお店に行ってください。長期間経ってしまうと、営業マンが覚めてしまい、うまく話がまとまらなくなる可能性があります。2回目が土曜、3回目が日曜くらいのスケジュールがよいでしょう。

 

2回目で渋って、それでもなおお店に来てくれるわけなので、営業マンとしては「取り逃がしたくないお客さん」にランクアップします。なので、ある程度条件も通りやすくなるでしょう。また、2回目と3回目の間に、向こうで勝手にフォレスターの大幅値引き条件を決裁して待っている可能性もあります。

 

ここでは、まず対抗ディーラーでの2回目交渉で獲得した見積書を用意します。前回よりも値引き額がアップしていれば、本命ディーラーとしても条件拡大せざるを得ないはずです。

 

本命ディーラーの営業マンが悩んでいるようなら、最後の交渉カード「試乗」を切ってみましょう。「試乗」というと最初に行うイメージがありますが、たんに好奇心で試乗したがるお客さんも結構いるので、営業マンとしては心に響きません。しかし、最後の最後に「フォレスターに試乗したい」と言えば、もう契約の大詰めという雰囲気を出すことができ、営業マンに値引きを決意させることができるかもしれません。

 

もちろん、試乗車が出払っていて試乗できないこともあるかもしれません。しかし、フォレスター試乗の意思を示すことが重要で、実際に試乗したかどうかは関係ありません。なので、事前にフォレスターの試乗予約などはせずに、いきなり告げてください。先に試乗をしておきたいという場合は、値引きの渋い対抗ディーラーで試乗を済ませてしまえばいいのです。

 

試乗が終わったら、改めてフォレスターの値引きを要求してみましょう。試乗をしたことによって、形勢逆転できるかもしれません。

 

なお、フォレスターのオプションや諸費用については車体価格とは別なので、車体価格の交渉が終わったとにいろいろと要求しましょう。ある程度オプションなどでキツイ要求をしたところで、すでにフォレスターの車体価格値引きは引き出してあるので問題ありません。

 

とはいえ、あまりしつこくするのも考え物です。相手も人間なので、しつこくしすぎて心証を悪くすると今後の付き合いに響きます。事前に決めたフォレスターの購入予算を達成しているなら、スパッと契約してあげるようにしましょう。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターの値引き目標は自分で考えよう

 

フォレスターはSUV車ですから車体価格は上位グレードだと300万円と比較的高価になってきます。しかし、モデル末期ということもあり、値引き自体はやや緩やかな傾向にあります。

 

ですが、だからといって何の交渉もしないのであれば、いいカモとして見られてしまい、10万円くらいでお茶を濁されてしまうことでしょう。フォレスターの商談前には、きちんと計画を練り万全の準備をして臨みたいですね。

 

具体的なプランを考える

 

まず絶対に最初に考えておかなければならない重要なポイントがあるのですが、わかりますか? それは、フォレスター値引きの目標金額を自分の中で明確に設定しておくことです。では↓の目標金額表を見てみましょう。

 

値引き額 難易度 備考
5~10万円 ★★ 白帯レベル
10~25万円 ★★★ 黒帯レベル
25~30万円 ★★★★ 適正な目標レベル
30~35万円 ★★★★★ 免許皆伝レベル

 

フォレスターの値引き額は限界まで引っ張れば30万までのばすことができますが、あくまでも交渉に精通している商談のプロとでもいうような人が、長時間の交渉を重ねた上でなんとか到達できる領域です。大事なことは、無理せず適正なレベルを狙って確実に勝ち取ることです。ここから先の値引きテクニックを事前に学んでいけば、適正レベルの値引きならば獲得できるでしょう。

 

平均額はいくらくらい?

 

「あまり自信がないので、フォレスターの値引き相場の平均値が取れればいいや」と考える人もいるでしょう。しかし、フォレスターの値引き平均額は限界額のだいたい半分くらいです。例えば限界額が40万円としたら、平均額は20万円くらいになります。

 

平均額が半分に下がってしまうのは、失敗する人が多いのもありますが、何よりまったくフォレスターを値引きする気がない人がいるというのも大きいです。特にスバルは「スバリスト」と呼ばれる熱狂的ファンが多いメーカーなので、「交渉するのは悪い」と考えている人が比較的います。その結果、フォレスターの値引き平均額を押し下げてしまっているのです。

 

なので、平均額はかんたんではありますが、金額的にはロスも多いです。できれば、すでに紹介した「適正な目標レベル」を目指して交渉を進めるようにしたほうがいいでしょう。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターの「オプション値引き」取得方法

 

案外知られていないことですが、実は「フォレスターの値引き」と一口に行っても、「車体」と「オプション」の2つに分かれています。多くの人の興味は「車体価格」の割引の方にあって、オプションの割引についてはおざなりな人が多いのが実情です。

 

フォレスターをできるだけ安く買いたいなら、車体価格だけでなく、オプション値引きもしっかりと獲得していく必要があります。また、フォレスターの車体値引きがイマイチだったとしても、オプション値引きをガッツリとって、トータルでは大逆転、なんてこともありえます。

 

ここでは、フォレスターのオプション値引きを獲得していく方法を詳しく説明していきます。

 

オプション交渉は最後に行う

 

一般的に、車体交渉とオプション交渉は並行して行うイメージがあります。しかし、ただでさえ難しい新車商談が、並行となるとさらに難易度アップしてしまいます。

 

しかも、並行だと「フォレスターにオプションを追加してくれたら、その分もっと割引できます」なんて言われて、いらないオプションを追加する羽目になるかもしれません。これだと、割引が増えてうれしい気分にはなるかもしれませんが、トータルの支払いは増えるので意味がありません。

 

なので、できれば「車体」と「オプション」は別々に進行させたほうがいいです。そうすれば、フォレスターに必要なオプションだけを付けて、そこから適切に値引きしてもらうことができるのです。

 

順番としては、まずフォレスターの車体値引きをしっかり引き出しておきます。その後、最後の〆としてオプションの話をすればいいのです。そうすれば、混乱もなく、効率的に交渉できます。

 

オプション割引のからくりを知っておこう

 

フォレスターの場合、オプション値引きの合格ラインは、オプション総額の10~15%引きです。例えばオプションが40万円としたら、4~6万円値引くことができればOKです。

 

ここで知らない人が多いのが、オプション割引は「無料サービス」という形式を取るという点です。基本的には、総額から10%引き、という形ではなく、「○○のオプションを無料サービスします」という形になるわけです。仮にオプションを6個追加するとしたら、そこから1個を無料サービス、ということです。

 

オプション総額が40万円として、25,000円のドアバイザーがサービスです、となると目標が達成できず困ってしまうわけです。なので、欲しいオプションの中から、どのオプションを無料にしたいかはしっかり考えておかないといけません。

 

例を考えてみましょう。フォレスターを買う場合、

 

  1. ドアバイザー 25,000円
  2. フロアカーペット 25,000円
  3. カーゴマット 20,000円
  4. ナビ 200,000円
  5. コーティング 80,000円
  6. ETC 30,000円

 

最低限、このあたりは追加するはずです。これで、総計約40万円となります。

 

このラインナップから無料サービスを選ぶなら、

 

  1. フロアカーペット+ドアバイザー 50,000円
  2. コーティング 80.000円

 

このどちらかがいいでしょう。フロアカーペット+ドアバイザーだと5万円なので、合格ライン到達。また、コーティングの一発無料化でも、一気に合格ラインを突破できます。

 

このように、自分が欲しいオプションをあらかじめ考えておいて、そこから何を無料にするかをしっかり決めておきましょう。

 

交渉のやり方

 

すでに説明した通り、フォレスターの初回見積書は「オプションなし」の状態で作ってもらって、車体値引きから進めていくことになります。そして、目標額を達成してからオプションを追加していってください。オプションの話を始めると、営業マンも「いよいよ契約かな」と思うはず。これがオプション交渉の下地になります。

 

これまでオプションの話を一切してこなかったので、一気に購入金額が数十万円跳ね上がります。その状況を見て、「あれ、意外と高くなるんだね…」のようなことを言って、困ったフリをしてください。そうすると、営業マンとしては契約に暗雲がたちこめることになります。

 

あとは、あらかじめ決めておいた「無料サービスにしたいオプション」を指定して、「●●と○○をサービスしてくれない?そうすれば予算内に収まるんだけど…」と言ったような交渉をしましょう。オプションの割引度合いはディーラーごとに違いますが、たいてい10~15%程度の間であれば割とあっさりサービスしてくれるはずです。

 

フォレスターの商談に余裕があるなら、「契約寸前にオプション追加」作戦も試してみましょう。これは、欲しいオプションを1つ隠しておいて、注文書にハンコを押す寸前に追加する方法です。「そういえば、△△も欲しいんだった!ちょっと予算超えちゃうな、なんとかしてよ!」と頼むわけです。営業マンとしては、オプション1つ程度で契約がなくなるのが怖いため、サービスしてくれる可能性が高いのです。高すぎるオプションだと失敗しやすいので、1~2万円程度の安いオプションで実行しましょう。失敗してもそれまでの交渉がダメになるわけではないので、試してみる価値はあります。

 

失敗したときは「社外品」への切り替えもアリ

 

フォレスターのオプション値引きについては、ディーラーごとにかなり立場が変わってきます。場合によっては、全く譲歩しないディーラーもあるでしょう。もしオプション交渉に失敗してしまったときは、無理して交渉するよりは、別のディーラーに移行したほうがいいでしょう。これまでの交渉でそこそこ期待できそうな対抗ディーラーも見つかっているはずなので、そのディーラーを本命に設定しなおせばいいのです。

 

また、改めて別のディーラーで交渉するのが面倒なときは、「社外品」を使うのもアリです。ドアバイザーやフロアマット、ナビなどのオプションについては、車用品店に格安商品が売っているので、そちらに切り替えればある程度失敗は取り返せます。

 

しかも、「じゃあフォレスターにオプションはいりません。社外品にしますので」と言ってオプションを引き上げると、ディーラーは慌てて値引きを提案してくるかもしれません。オプションはディーラーにとって貴重な売り上げになるので、「じゃあいらない」と言われたら困るのです。

 

しつこく頼むよりも、こちらから一歩引くことで相手の譲歩が引き出せることもあるのです。もし相手があっさり引いてきても、本当に社外品にすればいいだけなので、それほどリスクはありません。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターのグレード別値引き術とは?

 

フォレスターの欲しいグレードが決まっている場合は、一歩進んだ値引き商談の作戦が立てられます。

 

ここでは、フォレスターのグレード別に効果の高いテクニックについて解説していきます。

 

S-Limitedの交渉術

 

「S-Limited」はフォレスターで1番人気のあるグレードです。全体の中では比較的価格が高く、装備重視のグレードとなります。また、「特別仕様車」という面にも注目しましょう。

 

フォレスターの「S-Limited」を値引きしたい場合は、「ライバル競合」をメインに考えたほうがいいでしょう。S-Limitedを選ぶということは、装備を重視しているということ。そのことは営業マンもわかっているので、フォレスター同士競合の価格競争に持ち込むと、「ケチなお客さんだな」と思われてしまいかねません。それよりは、しっかりとライバル競合をして、装備を重視していることをアピールしていったほうが自然です。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
フォレスター(S-Limited) 289万円 -
エクストレイル(特別仕様車) 280万円 特別仕様車同士で競合できる
ハリアー(ELEGANCE) 288万円 価格帯がバッチリ合う

 

↑はフォレスターの「S-Limited」と競合できるエクストレイル、ハリアーのグレードとなります。エクストレイルの方は価格帯がやや合いませんが、同じ特別仕様車なので競合させても違和感がありません。また、ハリアーのほうは価格帯がほぼ同じなので、価格競争に持ち込むことができます。

 

これらのグレード同士を相見積もりさせていくのが基本線。その上で、行き詰まったときにフォレスター同士の競合を持ち込むくらいの考え方でよいでしょう。

 

X-BREAKの交渉術

 

「X-BREAK」もフォレスターの特別仕様車の1つです。S-Limitedの場合と同じく、装備重視のグレードなので安易なフォレスター同士の価格競争はNGです。

 

対抗するグレードとしては、エクストレイルCX-5がよいでしょう。価格が少し下がるのでハリアーだと競合性が低くなるほか、X-BREAKはアウトドア志向のグレードなのでハリアーとは合いません。

 

一方、エクストレイルやCX-5はアウトドア寄りのSUVなので、X-BREAKとの競合性はかなり高いです。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
フォレスター(X-BREAK) 275万円 -
エクストレイル(特別仕様車) 280万円 特別仕様車同士で競合できる
CX-5(XD) 283万円 価格帯が近い

 

フォレスターの「X-BREAK」と競合するライバル車種のグレードは↑のとおりです。エクストレイルはS-Limitedの場合と比べて価格帯が近くなるので、より競合させやすいです。

 

CX-5については、価格帯の近さがアピールポイントとなりますが、それ以外にも「ディーゼル」と言う点もプッシュしましょう。「CX-5のXDはディーゼルだから、その分燃費もいいしトルクも太い。フォレスターも悪くないけど、燃費コストを考えるとちょっと・・・」なんてアピールをして、譲歩を誘いましょう。

 

エクストレイルやCX-5との相見積もりを進めていくのが基本。フォレスター同士の競合は保険程度に考えましょう。

 

2.0i-L EyeSightの交渉術

 

「2.0i-L EyeSight」については、競合性の高いライバル車種は以下の通りです。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
フォレスター(2.0i-L EyeSight) 268万円 -
エクストレイル(20S ハイブリッド) 266万円 価格帯が近く、燃費性能が高い

 

このように、バッティングするのは「エクストレイル 20Sハイブリッド」となります。フォレスターはガソリンエンジンだけなので、本来はハイブリッド車との競合はさせにくいです。なので、ここではエクストレイルの燃費性能について押していってください。「このフォレスターはアイサイトが付いているので安全性は高いけど、やっぱり燃費性能が気になる。エクストレイルのハイブリッドは燃費がいいらしいので、フォレスターでその分を考慮してくれないかな」なんてことを言ってゆさぶっていきましょう。

 

また、競合ライバルが少ないので、フォレスター同士の相見積もりも活用していきましょう。「2.0i-L EyeSight」比較的価格の安いグレードなので、価格競争にもちこんでもあまりケチな印象は与えません。

 

エクストレイルのハイブリッドとの競合をしつつ、フォレスター同士の相見積もりもバランスよく絡めていきましょう。

 

2.0i、2.0i-Lの交渉術

 

「2.0i」「2.0i-L」については、フォレスターの中でも価格の安いグレードとなります。安いグレードについては、「フォレスター同士競合」が効果を発揮します。

 

というのも、これらのグレードを選ぶということは、「とにかく価格重視」とういこと。それは営業マンもわかっているので、相手が価格競争に持ち込んできても「安いものを、さらに安くしたいんだな」と感じて、それほど違和感を感じないのです。

 

なので、異資本スバルディーラー同士競合に持ち込んで、「安くしてくれるところで買います」と宣言するくらいでよいでしょう。その方が、相手としてもわかりやすいです。

 

価格帯の合うSUVとしては、エクストレイルの廉価グレードの他に、ヴェゼルやCX-3といったコンパクトSUVも候補に挙がってきます。ただ、キャラが全然違うので、競合するには高い話術が必要です。自信がない場合は、エクストレイル競合程度にとどめたほうがいいでしょう。

 

基本線としては、フォレスター同士の競合となります。イマイチ反応が悪いときに、エクストレイル競合を絡めていきましょう。また、打つ手がないときはヴェゼルなどの競合も用意しておきましょう。

 

2.0XT EyeSightの交渉術

 

フォレスターの「2.0XT EyeSight」は、装備てんこ盛りの最高級グレードとなります。このグレードを選ぶということは、もはや価格は度外視して装備を追求しているということです。なので、ガツガツ値引き交渉をしていくと、「それなら、少しグレードを落とせば安くなりますよ」などと言われてしまいかねません。なので、フォレスター同士競合についてはあまりおすすめできません。

 

高級志向のグレードなのですから、ライバルも高級志向がおすすめ。なので、ハリアーと競合させていくのが自然でしょう。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
フォレスター(2.0XT EyeSight) 312万円 -
ハリアー(GRAND もしくは PREMIUM) 333万円 「高級志向」の点が似ている

 

↑はフォレスターとハリアーの競合グレードとなります。価格帯はハリアーのGRANDの方が近いですが、「高級志向」がポイントなのであえてハリアーのグレードを上げていったほうが自然でしょう。

 

まずはハリアーの交渉をしっかりと進めて、値引きを引き出して価格帯を近づけます。その後、フォレスターの交渉を行い、「ハリアーの高級感が好きで、ある程度安くなりそう。フォレスターの方も勉強できないか」などとアピールしていくとよいでしょう。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターの特別仕様車を値引きするには

 

フォレスターには、標準グレードより個性の強い「特別仕様車」が用意されています。価格の割に装備やインテリア・エクステリア周りが充実しており、高い人気を誇っています。しかし、基本的にはフォレスターの特別仕様車は、標準グレードよりも値引き難易度が高くなっています。

 

というのも、フォレスターの特別仕様車を欲しがるということは、それだけフォレスターにこだわりが強いということになるからです。営業マンからしても、「この人はよっぽどフォレスター欲しいんだな」という判断になるため、値引きが渋くなってしまうのです。なので、ライバル車競合を絡めても反応が薄くなってしまいます。フォレスターが欲しいのがわかっているのに、他の車種と悩んでいると言っても現実味がないのです。

 

そのため、フォレスターの特別仕様車値引きに関しては「異資本スバルディーラーのフォレスター同士競合」をメインに考えたほうがいいでしょう。そうすれば、単に安いところで買うという意思表示になるので、営業マンにとってもおかしな点は感じないはずです。

 

もちろん、エクストレイルなどのライバル車にも特別仕様車はあるので、「ライバル特別仕様車競合」は可能です。この場合、ひたすら「特別な車が良い」という点をアピールしていきましょう。

 

とはいえ、特別仕様車のライバル競合は交渉には一工夫必要なため、やはり「フォレスター同士」1本に絞ったほうがやりやすいでしょう。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターの展示車は値引きしやすいの?

展示車とは、その名の通り「スバルの店舗に展示されている車」のことです。お客さんが乗ってみたり、触ったりするので、その分車の状態は落ちてしまいます。そのため、傷んでいるぶん、安く買えるのではないかと考える人も多いでしょう。

 

もちろん、フォレスターの展示車が安く買えた! なんてケースも見られます。しかし、展示車購入にはさまざまなデメリットがあるのです。

 

希望に合ったフォレスター展示車はなかなかない

フォレスターに限らず、展示車は完成品となるため、グレードやボディカラーも固定となってしまいます。なので、例え希望の条件があったとしても変更はできません。もし「あの展示車なら安くできますよ」なんて提案を受けたとしても、自分の狙っているフォレスターの条件とは違うことがほとんどなのです。もし値引きに目がくらんで契約してしまったとしても、後になって後悔する可能性は高いでしょう。

 

納車用と展示用では別管理のことも

このごろは、納車用の車と展示用の車を別系統で管理している販売会社も増えています。管理が別なので、「あのフォレスターの展示車が安く値引きできない?」ともちかけたところで、「できるかどうかわからない」と言われてしまうのです。提供できるか調べて、回答するまでに時間がかかるので、「やっぱりダメでした」となるとその間の時間をかなりロスしてしまいます。

 

展示車が新車登録済み

最近多いのが「展示車が新車登録済み」のケースです。ディーラーは新車登録をすることで実績になるので、売り上げが悪いディーラーの場合、展示車を新車登録してしまっていることがあるのです。

 

新車登録車はディーラーがオーナーなので、もし購入できたとしても「1オーナー車」となります。なので、今後中古としてフォレスターを売るときにすこし不利になるかもしれません。もちろん、展示車が新車登録済みなのは教えてもらえますが、だからといって安易に購入してしまうのは考え物です。

 

以上のような欠点があるため、フォレスターの展示車を狙うのはやめたほうがいいでしょう。自分の欲しい条件に合ったフォレスターを探すのでさえ一苦労なのに、せっかく適合するものを見つけたとしてもまだまだ問題だらけです。なので、フォレスターの展示車を探すのに労力を割くよりも、新車をきっちり値引きしていく方法を考えたほうがいいでしょう。

 

いつのまにか展示車が納車される!?

展示車狙いをしていないとしても、しっかりと注意が必要です。なぜなら、新車のつもりで買ったフォレスターが、実は展示車だったというケースがあるのです。すでに説明した通り、ディーラーによっては展示車と納車される車の管理が別になっていることがあります。その場合、納車される車が展示車かどうかわからないことがあります。

 

展示車を避けたい場合は、きちんと行動に移しましょう。まずは注文書にしっかりと「展示車の納車はダメ」と一筆入れさせます。そのうえで納車されるフォレスターのシートビニールもそのままにしておくよう指示しましょう。ここまで警戒感を出しておけば、相手も「展示車を納車したらまずい」と考え、しっかりと対策してくれます。

 

目次に戻るボタン

 

決算期のフォレスター値引きは有利?時期ごとの状況とは

フォレスターだけでなく、一般的に車の値引きは「決算がねらい目」と言われています。確かに、決算はディーラーが実績アップを狙うので、多少値引きが出やすいのは事実です。

 

とはいえ、その他の時期はダメということはなく、しっかり交渉すれば1年通じてフォレスターの値引きは可能です。大事なのは、その時期に合った立ち回りがちゃんとできるかどうかです。

 

ここでは、1年通して、それぞれの時期でどのようなフォレスターの値引き交渉をしていけばいいのかを解説します。

 

スバルの販売事情

 

各メーカーごとに、販売方法が違ってきます。時期ごとの立ち回りを決めるには、まず欲しいメーカーの販売方法を知っておく必要があります。

 

  1. 受注販売
  2. 在庫車販売

 

どのメーカーも、↑の2種類の販売方法のどちらかとなっています。例えばトヨタは「受注販売」が中心となっており、お客さんの注文書を受け取ってから生産を開始します。なので、在庫が少なくなる半面、納期が遅くなることになります。一方、ホンダは「在庫車販売」が中心になっていて、人気グレードをたくさん作っておき、なるべく早く提供できるようにしています。

 

ではスバルはどうかというと、結果的に「受注販売」のような状況になっています。在庫を用意しないわけではないのですが、人気車がすぐに売れていくので在庫が減り、受注してから作っていくような状態になっています。

 

トヨタのように明確に受注中心主義を取っているわけではないのですが、納期については若干時間がかかる状態になっているのです。

 

なので、スバル車のフォレスターを値引き購入したい場合は、この「納期の遅さ」について考慮して立ち回ることになります。

 

決算期(1月,2月,3月)の立ち回り

 

次に、それぞれの時期ごとの立ち回りについて解説していきます。

 

交渉開始時期 納車を狙う時期 備考
1月 3月 3月(決算月)を狙っていくなら、1月から動き始めないと遅い。
2月 3~4月 決算狙いなら2月上旬でギリギリ。それ以降は4月の納車を狙う。
3月(年度末決算) 4月以降 決算狙いは無理。なので4月以降の納車を狙う準備をしよう。

 

↑は交渉開始月と納車目標時期の表となります。決算を狙う場合は、1~2月上旬から動かないと遅いです。できれば、初売りくらいから行動を開始しましょう。それ以降に動く場合は、後で説明する第一四半期(4~6月)の納車を狙います。無理して決算内に納車するようせかしてしまうと、他にお客さんはいくらでもいますし、条件が悪くなりやすいです。

 

決算期は確かにフォレスターの大型値引きが狙いやすいですが、同時に交渉難易度も高くなっています。というのも、お客さんが非常に多く、1人1人の印象が薄まるからです。したがって、上手に交渉をして強い印象を残す必要があるのです。また、営業マンも忙しいので、あれこれ交渉カードを持ってくるお客さんは敬遠されがちです。

 

なので、この時期は交渉カードを絞り込んで勝負しましょう。「スバル同士競合」か「ライバル競合」のどちらか1本に絞って、一点突破を目指すべきです。

 

第一四半期(4月,5月,6月)の立ち回り

 

交渉開始時期 納車を狙う時期 備考
4月 6月 6月は第一四半期末で多少ディーラーの反応もいいので、狙っていく。
5月 6~7月 6月狙いでもいいが、夏商戦の7月以降もねらい目。
6月(第一四半期末) 7月以降 第一四半期は間に合わないので、夏商戦の準備を。

 

4月は決算直後なので、お客さんも売り上げも激減してしまいます。そのため、ディーラーとしては非常に苦しい時期ですが、お客さんの立場からすると意外とおいしい時期と言えます。

 

なぜなら、お客さんがいきなり減ってしまうので、来店してちょっと話をするだけですぐに顔を覚えてもらえます。しかも、営業マンもヒマをもてあましているので、フォレスター競合、ライバル競合を絡めて時間をかけて交渉しても、しっかりと対応してくれます。フォレスターの大幅値引きは若干出にくいですが、ある程度の値引きなら決算期よりも出やすいでしょう。したがって、交渉難易度としては比較的低い時期になります。

 

ねらい目としては6月。閑散期とはいっても、第一四半期末になるのでディーラーは実績を欲しがります。なので、6月に照準を絞って交渉していけば、案外大きなフォレスターの値引きも飛び出します。

 

6月くらいから動く場合は、次の夏商戦を狙っていきましょう。

 

夏商戦(7月,8月,9月)の立ち回り

 

交渉開始時期 納車を狙う時期 備考
7月 9月 夏商戦はSUVが人気。9月の半期決算を狙うと思わぬ大幅値引きもアリ。
8月 9~10月 9月狙いなら少し早めに動こう。
9月(半期決算) 10月以降 半期決算は間に合わないので年末商戦狙いで動こう。

 

夏に入ると、夏商戦がスタートします。夏はレジャー用途でのSUV需要が高まりますが、フォレスターはその「ど真ん中」なのでかなり盛り上がってきます。スバルもかなりCM広告などを打ってくるので、ディーラーは忙しくなってきます。

 

なので、この時期に人気の出る「SUV同士の競合」が効果的です。フォレスターと同じく、エクストレイルやCX-5、ハリアーなども人気が出てくるので、高い競合効果が期待できます。

 

しかも、9月末は半期決算末なので、ディーラーも実績確保に乗り出します。日産あたりは半期決算に積極的なので、エクストレイルの大幅値引きも取りやすい時期です。その見積書を用意して、フォレスターにぶつけていくと効果も大きいはずです。

 

ただ、夏商戦はディーラーも混むので、いい加減に交渉していると印象を残せません。しっかりと対抗車種の見積書を用意してアピールしていく必要があるでしょう。また、早めに動いて営業マンに顔を覚えておいてもらいたいところなので、5~6月くらいから動いておくのが理想です。

 

年末商戦(10月,11月,12月)の立ち回り

 

交渉開始時期 納車を狙う時期 備考
10月 12月(年内納車) 年内納車を目指すなら、10月くらいから動き始めておきたい。
11月 12~翌年1月 年内納車は微妙な時期。短期決戦を狙おう。
12月 1月以降 翌年の決算期狙いの準備ができるので、意外とおいしい。

 

夏商戦も終わり、少し落ち着く期間となります。時期としては、決算直後の4月移行に少し似ています。そのため、営業マンへの印象を残しやすく、ある程度フォレスターの値引き難易度が下がってくる状況になります。

 

ただ、この時期は「年内納車」について注意する必要があります。タイミング次第では年内に納車できるか微妙になってくるのです。なので、年内に車を手に入れたいなら、10月くらいから動き始める必要があるでしょう。

 

また、営業マンとしては、面倒な仕事を年明けに増やしたくないので、なるべく早く決着をつけようとします。そのため、「短期決戦」が決まりやすい時期となります。

 

短期決戦を決めたいなら、あれこれ材料を用意しないで、「フォレスター同士」「ライバル競合」のどちらかに絞ってシンプルに攻めてみましょう。

 

なお、12月から動いた場合は年内納車がほぼ無理なので、年越しとなるはずです。なので、ちょっと面倒な時期のイメージがあります。しかし、12月からの行動は実はかなりメリットがあります。

 

というのも、翌年の1~3月は年度末決算となるからです。すでに書いたように、フォレスターの大幅値引きが出やすい時期ですが、営業マンの印象が残しにくく、難易度が高い時期です。しかし、12月から動いておいて、営業マンと仲良くなっておけば、1~3月の交渉で他のお客さんと差をつけることができるのです。

 

年内納車が微妙なときの注意点

 

交渉のタイミング次第では、ギリギリ年内納車できないということもあるでしょう。そんなときは、新車登録のタイミングに注意しましょう。なぜなら、「新車登録が12月、納車が翌年1月」と言う形になると、納車の時点で「1年落ち」という状態になるからです。そうなると、フォレスターを売却するときにやや不利になるかもしれません。

 

こういうシチュエーションになると、「新車登録を今年中にやっちゃいますか?」とあたかも親切のように言ってくることがあります。しかし、それは単に閑散期の12月の実績づくりをしておきたいだけです。ディーラーの実績になるのは新車登録のタイミングなので、先に登録しちゃおうという考えです。

 

なので、もしそんな提案をされたら、納車も新車登録も年明けにするように指示してください。不安なら注文書に一筆書かせてもいいです。そうすることで、納車直後に1年落ちという事態を避けることができます。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスターのモデルチェンジはいつ?値引きは変わる?

一般的に、自動車はモデルチェンジの前後で値引き相場がかなり変わります。

 

フォレスターもそれは同じで、例えば前回の2012年のモデルチェンジで値引き相場が激変しました。

 

時期 限界値引き額 説明
2012/05~11 約40万円 先代モデル末期
2012/12~2013/05 一律5~10万円引き 現行モデル発売直後
2016~現在 約30~35万円引き -

 

↑はフォレスターの前回フルモデルチェンジでの値引き相場推移になります。モデルチェンジ直後は5~10万円とかなり冷え込みましたが、それから4年程度たち、フォレスターの値引き相場は30万円程度にまで伸びています。

 

種別 販売期間 周期
初代SF系 1997/2月~2002/2月 約5年
2代目SG系 2002/2月~2007/12月 約5年
3代目SH系 2007/12月~2012/11月 約5年
4代目SJ系 2012/11月~ -

 

また、↑はこれまでのフォレスターモデルチェンジ推移ですが、ほぼきれいに5年周期できています。そのため、次のフルモデルチェンジは2017年11月~2018年の早い時期と考えられています。

 

つまり、今後フォレスターの値引き相場は、前回の末期の値引き相場「40万円」に近づいていき、モデルチェンジとともに一気に冷え込むことが予想されます。

 

もし現行フォレスターを安く購入したいのであれば、遅くとも2017年の10月くらいまでには動き始めたほうがよいでしょう。

 

目次に戻るボタン

 

フォレスター値引きのディーラー特徴と地域別難易度について

 

「フォレスターの値引き交渉はどこのディーラーやっても同じでしょ」

 

こんな風に思っている人は多いはず。しかし、スバルディーラーと一口に言っても、「正規ディーラー」と「業販店(サブディーラー)」に分かれており、それぞれで特徴が違います。いい加減に近場のディーラーを選んでしまうと、うまくフォレスターを値引きできないこともあります。

 

まずはじめに、スバルディーラーの特徴を押さえておきましょう。

 

スバル正規ディーラー

 

スバルの新車販売がメイン業務の正規ディーラーとなります。各都道府県に拠点があり、

 

東京スバル自動車株式会社
京都スバル自動車株式会社
滋賀スバル自動車株式会社

 

のように、「(都道府県名)スバル自動車株式会社」という名前が付いています。そして、それぞれに支店があり、地域をカバーしている形になります。

 

つまり、違う支店同士でも、会社名が同じなら「同資本」となるため、ディーラー同士の競合はできません。逆に言えば、会社名が違えばそれぞれ「異資本」となっており、お客さんの取り合いをします。なので、正規ディーラー同士の競合は、県をまたいだ「越境交渉」が基本と言うことになります。

 

また、ディーラーの特色としては「プライドが高い」「商談が苦手」などが挙げられます。営業マンも「スバルが好きだから」という理由で入社している場合が多く、激しく値引きを要求してくるお客さんは相手にしなかったり、機嫌を損ねてしまうこともあります。

 

そのため、「プライドをくすぐる」ことを意識して交渉していくのが基本。「スバルが好きで、どうしてもフォレスターが欲しいけど、嫁がエクストレイルがいいと言って譲らない」といった泣き落としなどの交渉が有効です。逆に、フォレスター同士競合で強硬に値下げ交渉をするとうまくいかないことも多いです。

 

スバル業販店(サブディーラー)

 

スバルの正規ディーラーは数が少ないので、エリアによっては正規ディーラーだけではフォローしきれません。そのため、スバルは「業販店」という形式での販売も行っています。この方法で、郊外などのエリアもカバーしているわけです。

 

業販店は、

 

スバルショップ●●
スバルスコープ○○
○○自動車

 

など、いろいろな名前が付いています。業販店の特徴はおもに2種類で、

 

  1. メインは自動車修理業、副業としてスバル新車販売をしている。
  2. メインはスバル新車販売で、副業として自動車修理をしている。

 

↑のようになっています。メインが新車販売の場合はフォレスターの値引きにも積極的ですが、力を入れていないお店だとそれほど交渉できない場合もあります。

 

従って、サブディーラーを狙う場合のポイントは「お店のやる気」となります。交渉に積極的でないようなら、そのサブディーラーはすぐに切ったほうがいいです。

 

また、サブディーラーは正規ディーラーから車を卸してもらい、手数料を加算してお客さんに売ることになります。当然、手数料の分値引きは少なくなるため、正規ディーラーよりもフォレスターの値引きについては渋くなると考えたほうがよいでしょう。そのため、本命はよほどサブディーラーが積極的なときのみで、通常は正規ディーラーが本命でOK。サブディーラーは対抗カードとして持っておく程度でよいでしょう。

 

大都市での振る舞い方

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(名古屋)、京都府、大阪府

 

フォレスター値引き難易度:★★

 

スバルディーラーの特徴を覚えたら、次は各地域ごとのフォレスター値引き交渉の振る舞い方を説明します。

 

まずは大都市圏についてです。大都市は人口が多いためディーラー数もそろっており、近所にスバル正規ディーラーがあるはずです。日産やマツダ、トヨタディーラーも数が多いので、エクストレイルやCX-5をしっかり値引きしておいて、その見積書を用意してフォレスター交渉にのぞめば大幅な譲歩が期待できます。

 

また、ちょっと足を延ばせば隣の県にも行けるので、異資本正規ディーラー同士の競合も比較的かんたんです。大都市圏の正規ディーラーは価格にこだわるお客さんにも慣れていて、スバル同士の競合をしてもそれほど問題はありません。スバルディーラーとライバル車種ディーラーの相見積もりを中心に、異資本スバルディーラー競合で仕上げていくという方法がよいでしょう。

 

また、ディーラー数が多い分多少なら失敗できるのも強み。例えば東京エリアの正規ディーラーで失敗しても、神奈川、埼玉、千葉といったエリアの正規ディーラーで再チャレンジができます。なのである程度失敗を恐れず数をこなすつもりでのぞむのがおすすめです。

 

地方都市での振る舞い方

北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)、兵庫県(神戸市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市)など

 

フォレスター値引き難易度:★★★

 

地方都市も基本的には大都市と同じです。ただ、人口やディーラー事情がやや不利なので、難易度としては若干高めです。

 

戦術としては、大都市と同様、日産・マツダ・トヨタなどのライバルディーラーとの相見積もりを中心に、異資本スバルディーラー競合を絡めていきましょう。

 

ただ、エリアによっては正規ディーラーが1社しかないこともあります。例えば北海道の場合は、正規ディーラーは「北海道スバル株式会社」のみとなるので、正規ディーラーで失敗すると後がなくなります。なので、大都市圏のような「数をこなす」と言う考えは危険。正規ディーラーでの交渉はかなり大事にしたほうがよいでしょう。

 

また、地方になるとサブディーラーが多くなってくるので、サブディーラー同士をぶつけてみるのもアリ。サブディーラーはお互い別会社なので、フォレスターの相見積もりに持ち込むと値引きが拡大するかもしれません。ただし、サブディーラーは正規ディーラーとつながっているので、サブディーラー同士を相見積もりしたことがバレてしまい、正規ディーラーでの交渉が難しくなる可能性があります。なので、最初は正規ディーラーとの勝負に集中し、サブディーラー同士競合は隠し玉程度に考えておきましょう。

 

地方都市の場合、基本的にはエクストレイルなどのライバル車競合を中心にしましょう。隣の県に簡単に行ける場合は、異資本スバル競合を絡める程度でOKです。

郊外・田舎での振る舞い方

その他のエリア

 

フォレスター値引き難易度:★★★★★

 

郊外・田舎はディーラー事情がガラっと変わります。住んでいる場所によっては、「近所に正規ディーラーが1店舗もない」という状況すら考えられます。そのため、大都市、地方都市に比べるとフォレスター値引き難易度はかなり高くなります。

 

郊外になると、スバル同士競合をするためにはかなり遠出をしなければならなくなります。もちろん試してみるのはアリですが、かなりの時間がかかるので効率としては悪いです。したがって、エクストレイル・CX-5といったライバル競合1本に絞ったほうがいいでしょう。

 

また、近所に正規ディーラーがないということでサブディーラーを頼ることになるかもしれません。しかし、もしサブディーラーの反応が悪い場合は多少遠くても正規ディーラーをメインにしてください。反応のにぶいサブディーラーはいくら競合しても響かないので、時間を無駄にしてしまいます。

 

地方は人口が少なく、1人1人のお客さんを大切にする傾向があります。なので、しっかりと話をして仲良くなることが重要。そうすればお得意さんとして認められて、フォレスターの大きな値引きが獲得できるかもしれません。郊外はあまり交渉慣れしていない営業マンも多いので、ただ安く買いたいと言うよりは、「自分がどれだけスバルが好きか」をしっかりアピールしていくことが重要です。

 

また、時間をかけてもいいなら「地方都市」「大都市圏」のディーラーと競合させてみるのもよいでしょう。都市部のディーラーは郊外に比べてフォレスターの値引きが緩い傾向があり、容赦なく郊外のお客さんを奪いにかかります。なので、近所でうまくいかないときは、その結果を持って大都市に行くのも手です。

 

目次に戻るボタン

 

2017年のフォレスター値引き事情は?

 

2017年は、もしかしたらフォレスターのフルモデルチェンジがあるかもしれません。タイミングとしては、これまでのモデルチェンジ推移から、2017年末から2018年にかけてが予想されます。

 

年月 ヴォクシー値引き相場(車体価格)
2017年/1月 30~35万円
2017年/2月 30~35万円
2017年/3月 30~35万円
2017年/4月 30~35万円
2017年/5月 30~35万円
2017年/6月 35~37万円
2017年/7月 35~37万円
2017年/8月 37~40万円
2017年/9月 37~40万円
2017年/10月 37~40万円
2017年/11月 37~40万円
2017年/12月 5~10万円(フルモデルチェンジ)

 

上記の表は2017年のフォレスター値引き相場変動予想となります。フルモデルチェンジまでは、最大40万円程度を目指して徐々に拡大していくでしょう。その後、モデルチェンジのタイミングで相場は域にしぼむことが考えられます。

 

2017年にフォレスターの購入を考えている場合は、フルモデルチェンジのタイミングをしっかり意識して、できるだけ安く買うことを考慮したほうがよさそうです。

 

目次に戻るボタン